オリジナルの効果的なのぼりを作成したい

のぼりの効果を最大限に引き出すのに、オリジナリティはどこまで必要でしょうか。

製作時の基本を考え方としてまとめましょう。

概略をお話ししておきます。

▼オリジナリティがあれば目立つのか、という疑問。

のぼりにオリジナリティを追求するのはいいことですし、それにこだわることにも反対しません。

しかしオリジナリティがあれば目立つか、目立つには個性が必要かと問われれば答えはNOです。

一概に個性があるから効果的とは言い切れません。

行き過ぎた個性は無意味です。

▼限られたスペースで最大の効果を出すルール。

のぼりは限られたスペースしかなく、そこでインパクトのある表現を効果的に訴えようとすれば、のぼり広告としての鉄則、常識、セオリーが大事になります。

つまりオリジナリティとは真逆とも言えるものがそこに存在します。

たとえば「入れたい要素は徹底的に絞り込んで少なく」、「文字数は少なく、単純明快なキャッチコピーで」、「のぼりの色は目立つ色での原色で」などです。

▼上記の内容を踏襲していくと、ある意味でオリジナリティは薄くなりますが、そのほうが効果的であることは確かです。

オリジナリティとは何かをもう少し掘り下げて考えてみるべきです。

個性も効果もともに必要なものですが、個性が効果を半減させたり、何を表現しているのか曖昧にさせてしまったりしては逆効果です。

その意味でも基本は守りましょう。