統一感があるのぼりを作るポイント

1号店と2号店ののぼりを作るのに、どうすれば統一感のあるのぼりを実現できるでしょう。

省力化しつつ効果の上がる方法についてお話しします。

▼基本ができていれば、同じのぼりを作るだけ。

ご存じだと思いますが、ラーメン店など飲食関係の店ののぼりには、暖色系の色を使うのがセオリーです。

その他、キャッチコピーの文字は少なめに、単純明快に。

写真は大きく断ち切りでいくなど、のぼり製作の基本を見直してみましょう。

そのような基本ができていれば、1号店ののぼりにもそれなりの効果は上がっていると思います。

あとは同じ考え方と基本で、2号店用ののぼりを作るだけで構いません。

▼それぞれの店の案内をすれば、効果が上がる。

1号店と2号店、両方ののぼりを作り替えるなら、1号店ののぼりのどこかに、2号店オープンの告知も添えましょう。

『2号店○○店、○○道路沿いにオープン!』、この程度の告知で大丈夫です。

また2号店用ののぼりには、1号店(本店)へもお越しください!』といった告知をすると効果的です。

色合いについては、ともにまったく同じ色、同じロゴマーク、書体を使っておけば統一感をもたせられます。

▼統一感のあるのぼりを作るのに、とくに格別な配慮は不要です。

返って同じ色と書式を使うことで統一感や効果をもたせられます。

2号店だからといって、1号店とは違う独自性や個性をと考えてしまうのは間違えです。

同じものを同じように作ったのぼりのほうが、客の印象には残ります。

個別戦略がないかぎり、「同じものを作って効果倍増」と覚えておきましょう。