のぼりの色使いで効果をあげるためには

のぼりの色は、そのものが効果アップに直結する影響力をもっています。

色の考え方、リサイクル店ののぼりの効果的な色についてお話ししましょう。

▼国民的コンセンサスを得ている色。

効果的な色というのは心理学上の色と、一般の人がもっている共通イメージのカラーということになります。

カレーライスなら黄色という感じです。

カレー屋さんで、のぼりや看板から黄色を除外してしまったら、カレー屋というコンセンサスは得られません。

勿体ないことで客も混乱するばかりです。

のぼりはとくに表現スペースが限られているので、色をうまく使うことで効果をアップさせましょう。

▼経営方針から決めるショップのカラー。

リサイクルショップにおける国民的なイメージカラーとは何かと考えると、残念ながらカレーの例のような色はありません。

そこでコンセンサスカラーという視点は外して、リサイクルをイメージする色とは何かを考えましょう。

経営方針などから「自然や環境を大切にする」なら、緑や茶色、オレンジ。

「リサイクルに重点をおく」なら、リサイクルの矢印と赤・黄色などを使った配色で勝負です。

▼のぼり以前にイメージカラーを設定しているのなら、それをのぼりにも使います。

原色が目立つ基本です。

パステル調のカラーは可愛らしくイメージ上もいいのですが、目立ちにくく主張性の乏しい色です。

キャッチフレーズ、スローガン、お得感、期間限定など、客寄せになる文言と共に色の配置を考えると効果が高まります。

パステル調ならのぼりの地色に使って、文字色を目立つ赤や黒でデザインしましょう。